梅百科

梅の歴史

梅の原産地は中国で、 今から2000年前に書かれた中国最古の薬物学書『神農本草経』には、すでに「梅」の効用が説かれています。
そこには、梅の実をいぶし焼きにした烏梅(うばい)について書かれており、「肺の組織を
引き締め、腸の動きを活発にし、胃を元気づけ、体の中の虫を殺す」効用があると
記されています。
中国では今でも、烏梅を漢方薬の材料として下痢や吐き気止め、解熱、せき止めなどに
使用しています。
 
梅の木は3世紀の終わり頃、日本にもたらされたといわれています。
百済(くだら)の帰化人・王仁(わに)がもたらしたとする説や、欽明天皇(531年即位)
の大和時代に、中国・呉の高僧がもたらしたという説があります。
 
日本の文献に「梅」という文字が最初に現れるのは、日本最初の漢詩集といわれる
『懐風藻(かいふうそう)』(751年)におさめられている、葛野王(かどののおおきみ)
の「春日翫鶯梅」と題する五言詩です。
日本最古の歌集『万葉集』にも、梅を題材とした和歌は多くあります。
たとえば、春されば まづ咲くやどの 梅の花 ひとり見つつや 春日暮らさむ(山上憶良)
など、梅を歌った和歌は萩に次いで多く、118首になります。
 
このように、中国から日本に伝来した梅は、その珍しさもあって、多くの人たちに愛され
ました。しかし、梅が重宝されたのは、梅の花の美しさだけではありません。
古代から、梅の実にさまざまな効能のあることが知られており、そのため人々から広く
利用されたのです。

梅干の原形だった梅の塩漬け

梅の実は、奈良時代には、柿、桃、梨、あんずなどと同様に、生菓子に加工して食べていた
といわれています。
そして、時代を経るに従って、梅の効用を体験的に知るようになり、梅の塩漬けを保存食、
食薬品として用いるようになったのでしょう。
 
梅干の原型ともいえる梅の塩漬けが「梅干」として初めて書物に現れるのは、平安時代
中期です。

日本最古の医薬書とされる丹波康頼(たんばやすより)の『医心方(いしんぽう)』
(984年)の「食養編」には、「味は酸、平、無毒。気を下し、熱と煩懣を除き、心臓を
鎮め、四肢身体の痛みや手足の麻痺なども治し、皮膚のあれ、萎縮を治すのに用いられる。
青黒い痣や悪質の病を除き、下痢を止め、口の渇きを止める」と効用が記されています。

また、村上天皇(在位946〜967年)が疫病にかかったとき、梅干と昆布を入れたお茶を
飲んで回復されたという記録もあり、これが元旦に飲む縁起物として受け継がれている
「大福茶」の起源とされています。
この年が申年であったことから、以来、申年のの梅干は特別なものとして珍重される
ようになりました。

そのほか、鎌倉時代や室町時代に成立した『伊呂波字類抄(いろはじるいしょう)』や
『運歩色葉集(うんぽいろはしゅう)』といった辞書類にも、梅干が頻繁に登場します。

鎌倉時代の『世俗立要集』という文献には、「梅干ハ僧家ノ肴」と書かれています。
つまり、梅干はお坊さんの酒のさかなとして利用されていたわけです。
この風潮はやがて、武家の食膳にも広がり、武士の出陣の際には、縁起をかついで必ず
梅干を食べたといいます。

兵糧食として大活躍した梅

梅の効用は戦国時代になるとますます威力を発揮するようになります。
兵糧食として用いられた梅干には主として2つの役割があったようです。
 
1.携帯食としての役割
 梅干は軽くてかさばらず、日もちもよいので、大変重宝されました。
 また、兵士が戦場で思う存分働いても疲れることなく、かつ栄養を補給でき、しかも軽くて
 かさばらない……そんな理想の兵粮食を求めて各藩が熱心に研究した食べ物が「兵糧丸」
 です。
 この兵糧丸にも梅干が使われていました。
 たとえば、「忍術兵糧丸」は、寒ざらしの米、蕎麦粉、かつお節、鰻の白干、梅干の果肉、
 赤松の木肌を混ぜてつくったものです。
2. 特効薬としての役割
 唾液の分泌を促してのどの渇きをいやすだけでなく、梅干は疲労回復剤としの役割や、泥水
 をすすって水あたりを起こしたときなどの殺菌・整腸剤として欠かすことのできない貴重品
 でした。

梅のさらなる普及

江戸時代に入ると、貴族や節だけでなく、庶民の食卓にも梅干がのぼるようになりました。
町なかでは、加工した梅干も売られるようになり、冬が近づくと、梅干売りが町なかを声を
あげながら売り歩く姿は、冬をつげる風物詩となっていたようです。
また、梅干のしそ漬けが普及し始めたのも江戸時代で、ほかにも梅を砂糖漬けにした甘露梅
など、さまざまな梅の漬け方がこの時代にできあがりました。
江戸時代後半になると、現在でいう梅肉エキスの原型らしきものが登場します。
文化14(1817)年に、衣関順庵が著わした『諸国古伝秘方』には、「傷寒(いまでいう赤痢や腸チフス、食中毒など)には、青梅、沢山にすり、しぼり汁天日にほし、かきたて、
ねりやくの如きにする」と梅肉エキスのつくり方が紹介されています。
このころになると、「梅干の七徳」として、人々が長年の体験から知り得た梅干の効用が
『飲膳摘要』という本に紹介されました。
一. 毒消しである。ゆえにむかしは、うどんには必ず梅干を添えて食べた。
二. 腐るのを防ぐ効あり。夏や飯櫃(めしびつ)の底に梅干を1つ入れておけば、飯は腐らない。
三. 病気を避ける効あり。旅館では必ず朝食に梅干を添えるを一般の例とする。
四. その味変えず。
五. 息づかいによい。走る際、一粒口に含めば息切れせず。
六. 頭痛を医するに効がある。婦人頭痛するごとにこめかみに貼るを常とす。
七. 梅干よりなる梅酢は流行病に効がある。
  江戸末期になって、諸外国からの来訪者が増えると、疫病が流行することもありました。
文政5(1822)年と安政5(1858)年には、全国でコレラが大流行。 このときに大活躍したのが梅干です。
現在では、コレラ菌が有機酸に弱い菌であることはよく知られていますが、江戸時代の人々がそんなことを知っているはずはありません。
しかし、当時の人々はみずからの体験から、梅干には強い殺菌力あることを知り、治療に
役立てていたのです。
そして、現在、食薬品の梅のすぐれた効能は、科学的に実証されています。
梅は日本人の心のふるさと。
あの小さな一粒の中に、「大自然の良心」をいっぱい秘め、人々の健康増進に役立ちたいと
願っているようです。「梅者聖也(うめはひじりなり)」なのです。
《参考文献
松本紘斉著『松本紘斉のよく効く梅百科』(家の光協会)
松本紘斉著『やっぱり梅は効く』(主婦の友社)
松本紘斉著『梅の健康法』(主婦の友社)
松本紘斉著『梅の神秘』(文理書院)