今日から元気

冬のかくれ脱水に気をつけましょう

脱水症状が起きやすい季節の一番は夏ですが、次に冬が脱水が多いと言われています。
 
 
夏は暑く汗をたくさんかき『水分が失われているな』という実感もあり
のどの渇きも自覚しやすいために自らたくさん水分を摂取します。
 
 
一方冬の場合は、湿度が低く、汗をかいてもすぐ乾いてしまうため、水分が失われている
実感がなく脱水が進行しやすいのです。
冬の脱水はかくれ脱水とも言われ、あまり気づかれにくいのが最大の特徴となります。
 
 
呼吸をする時に口や鼻から、また皮膚からも体の水分は自然に出ていきますので、きちんと水分を摂取することが重要となります。

水分量が不足すると
血液が濃縮されて血流が悪くなり、 “血液がドロドロ”の状態になり、
その結果、血管が詰まりやすくなるために心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすくなります。
冬は夏に比べて血圧が上がりやすくなることも、これらを誘発する原因の一つです。
 
 
もともと水分量が少ない高齢者は特に注意が必要です。

水分が失われれば、当然のどの粘膜も乾燥しやすくなります。
乾燥すると、のどの粘膜のバリア機能が低下してウイルスや雑菌が体内に侵入し、風邪による発熱やおう吐から、さらに脱水症状が起こるケースも出てきます。
 
また、血液の流れが悪くなることから、体の冷えやむくみの原因になったり、便がかたくなって便秘になったり、膀胱(ぼうこう)炎や乾燥肌になることもあります。
 
日ごろから こまめに水分を摂取するようにこころがけましょう。

冬のかくれ脱水チェック

自覚しづらい冬の隠れ脱水症。
 
こんな症状がある場合は、水分摂取を怠っていないか見直してみましょう。
朝、起きたときに口の中が渇いていたり、のどが痛む 脇腹や首の周りにかゆみが現われる 足がむくんだり、つりやすい だるさを感じる 集中力が下がる めまいやたちくらみをする
 
 
かくれ脱水の予防
こまめな水分補給と、部屋の湿度を保つことが、脱水の予防となります 冬は寒いので、
夏のようにあまり「何かを飲みたいな」という気持ちになりにくいもの 飲み物を口にする
機会が減ったり、「体を冷やしたくない」、「トイレが近くなる」からと水分補給自体を
控えめにしてしまうことも ...
 
かくれ脱水は、頭痛などのひどい症状が出てくるまで自分でも気づきにくいといわれています。このことから、予防することがベストと言えます。
 
ポイントは、水分を摂取するタイミングです。
起床後、毎食後、夕方1回、そして就寝前です。
それぞれコップ1杯程度を目安に、水分をとりましょう。
寝ている間にも体は水分を失っていくので、特に就寝前の水分摂取を忘れずに。 
 
出来れば利尿作用の強いコーヒーや紅茶は避け、スポーツドリンクや常温の水を飲むのが
おすすめです。

 理想的な湿度は40~50%程度。暖房器具などで乾燥しやすい室内は、加湿器で湿度を
保ちましょう。夜寝るときも加湿器はつけたままにしておくのがおすすめ。
 
外出時はマスクをすると乾燥予防に。 

効率的な水分補給に「電解質パウダー」

“水を飲むだけ”では、水分補給にならない?

水分補給は、ただ水を1日に1~2L飲めばいいというわけではありません。 一度に大量の水を飲んでも身体の保水量は変わらず、それどころか、体に吸収されなければ尿として排出され、さらに大切なミネラル分も一緒に排泄されかねません。ミネラルが不足すると、筋肉疲労が
起こりやすくなったり脚がつったり、むくみも生じやすくなります。
水を飲むときは、こまめに回数を分けて飲みましょう。
 

効率的に水分を補給するには、どうすればよいの?

その答えは、水分と共に電解質(ミネラル)を一緒に摂ることです。 そんな理想的な水分補給を実現したのが、汗で損失の多いナトリウムや体液を構成するカリウムとカルシウムを
バランスよく配合した電解質パウダーです。 電解質パウダーは、液体に近い特性を備えて
いて、ハイポトニック(低浸透圧)飲料の中でも、電解質だけでなくブドウ糖を配合しているのが特徴です。 小腸でブドウ糖が吸収されるときに、同時に水分が取り込まれることを利用
して、カラダの細胞の隅々にまで水分を届けて乾いた体を潤してくれます。
「かくれ脱水」にならないよう、体の声を聞きながら賢く補給することが健康ライフに
つながります。
 
スティック1本(10g)を水500mlに溶かすだけ!
ベストバランスを考えた配合なので、
混ぜる量を守って効率的に水分を補給しましょう

スタッフ体験談

私は日頃から水に限らず、あまり水分を摂ることがありませんでした。快適な環境にいるため、水分が必要だとは感じていなかったのです。 でも体には徐々に変化が現れていました。
肌も喉もカラカラで咳き込むことが増え、ついに去年の夏に熱中症で倒れてしまったのです。 ここで始めて私の体温調節機能が低下していたことに気づきました。
そこから毎日、電解質パウダーをこまめに飲むようにしました。すると体は段々とうるおい
だし、肌の調子までよくなってきたのです。
今は絶好調で過ごしています。