スタッフブログ

謹んで新年のお喜びを申し上げます。

2018-01-01
NEW
皆様、健やかに新春をお迎えのことと存じます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
 
お正月と言えば、おせちです。
 
おせちの由来を知っていますか?
 
むかし、季節の変わり目の日を「節日(せちにち)」といい、お祝いが行われていました。
そのときの自然の恵みや収穫に感謝して供えたのを「節供(せちく)」といい、元日の善、正月一五日の粥、端午の節句などがあります。
やがて、節供としての料理を「おせち」と言うようになり、節の日に作る特別な料理の意味から、正月のご馳走に限定されるようになったそうです。
 
おせちの料理にもそれぞれ意味を持っています。その中のいくつかをご紹介したいと思います。
 
黒豆:マメに勤勉に働けるようにと邪気払いの意味があります。
数の子:卵の数が多いことから子孫繁栄を願う縁起物です。
きんとん:黄金に例えて金運を呼ぶ縁起物です。
梅花にんじん:梅は、花が咲くと実を結ぶので縁起がよく、人参の赤色は寿を表します。
 
 
 
関西地方では、お正月に無病息災を願って大福茶を飲みます。
 
大福茶とは、梅干や結び昆布などが入ったお茶のことです。
 
由来は諸説あるようですが、
その昔、疫病が流行したとき、一人の僧が、梅干しが入ったお茶を病の人々に振る舞い、人々の苦しみを救いました。
その徳をあやかろうと、天皇が年初めに飲むようになったことが、年賀の行事として一般に広まったと言われています。
 
酸っぱい梅干と結び昆布を湯呑に入れて煎茶を注ぐだけのシンプルなお茶ですが、どこかホッと体が温まる感じがします。
 
おせちと大福茶を飲んで、健康に過ごしたいですね。
 
 
では、
健康で、幸の多い、笑顔の絶えない一年になりますよう
スタッフ一同心よりお祈りしておりますsmiley
おせち おせち料理
おせち おせち料理
梅干 梅干し
梅干 梅干し
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003