スタッフブログ

1月7日は七草の日です。

2018-01-06
七草がゆ
毎年1月7日は、春の七草を入れた七草粥を食べて無病息災を願う日ですsmiley
 
古代中国では、
元日を「鶏の日」
2日を「狗の日」
3日を「猪の日」
4日を「羊の日」
5日を「牛の日」
6日を「馬の日」と定め、
その日はその動物を殺めてはいけないようにしていたそうです。
 
そして7日を「人の日(人日(ジンジツ)の日)」として、
邪気を祓う(無病息災)ために7種類の野菜を入れた汁物を食べる「七種菜羹」という習慣がありました。
 
日本にも、古来から「若菜摘み」という春の野に芽を出した若菜を摘む習慣がありました。
平安時代に「七種菜羹」が伝わり、日本古来の習慣と合わさって「七草粥」を1月7日(人日の日)に食べるようになったのが始まりと云われています。
 
春の七草は、
芹(セリ)
 競り勝つ。
薺(ナズナ)
 ぺんぺん草とも言われ、撫でて汚れをはらうという意味。
御形(ゴギョウ)
 ハハコグサとも言われ、仏様の体という意味。
繁縷(ハコベ/ハコベラ)
 繁栄が広がるという意味。
仏の座(ホトケノザ)
 田平子(タビラコ)と言われている植物で、仏様が座禅を組んでいるような花の形から呼ばれる。
すずな
 蕪のことで、神様を呼ぶ鈴を見立てた。
すずしろ
 大根のことで、汚れのない清白を表す。
という縁起の良い語呂合わせの呼び名がついています。
 
作者は不明ですが、
せり なずな
ごぎょう はこべら
ほとけのざ
すずな すずしろ
これぞ七草
という句が古くから詠まれているほど。(私は、この句で春の七草を覚えました。)
 
七草粥の種類は地域によって異なりますが、あっさりと仕上げた粥は
お正月の食べ疲れ気味の胃を休める代表食と言えます。
家族みんなで無病息災を願いながら七草粥を味わってみるのも良いですねsmiley

 
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003