本文へ移動

スタッフブログ

梅肉エキスが インフルエンザウイルスの活性を抑える

2018-11-05
各地でインフルエンザ患者が増加中!!
 
 
 
当時(2008年)、
財団法人梅研究会 理事長・松本紘斉と
中部大学 生命健康科学部 生命医科学科教授・鈴木康夫先生の共同著者として
 
 
社団法人日本薬学会の学術誌『Biological & Pharmaceutical Bulletin』31巻に
梅肉エキスの抗インフルエンザウイルス活性』が掲載されました。
 
 
その内容は「インフルエンザウイルスが体内で感染する前に梅肉エキスを摂取することで予防できる」ということです。
 
 
梅肉エキスはお薬ではないので即効性はありませんが、穏やかに体に取り込まれることで、ゆっくり体に負担をかけることなく免疫力を上げていきます。ですから いつ感染するのかわからないウイルスに対しては、日頃からのケアが必要となります。
 
 
手洗い、うがい、マスクの着用が重要なカギとなります。
家や職場では空気清浄機を使うのもよいでしょう。
風邪の咳は、接触感染・飛沫感染しますので移さないようエチケットとして必ずマスクをつけるようにしてください.
 
 
乳幼児や妊婦さん、高齢者や免疫力の弱い方の感染は、重大な症状をまねく場合があります。人混みには近づかないよう注意をしてください。
今年も厚生労働省が発生状況を公表しています。大阪・東京を筆頭に、乳幼児、60歳以上の方に増加が目立ちます。(あくまで届け出数)
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
3か月未満の乳児は
口呼吸ができていません。鼻で呼吸をしているために粘っこい鼻水が詰まっただけでも苦しくなります。
 
乳幼児は
マスクを嫌がりますので、乳幼児自体が予防することは無理なこと。
 
------------------------------------------------------------------
梅肉エキスで免疫力を上げて、風邪に負けない体を手に入れましょう!
 
梅肉エキス 梅 エキス
梅肉エキス
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る