本文へ移動

スタッフブログ

インフルエンザの予防は万全ですか?

2019-01-24
インフルエンザが警戒レベルを超えた地区があるほど流行しています。
普通の風邪とは違い、急激な高熱を発症し倦怠感などの全身症状があり、免疫力が低下しているときにかかると重症化してしまう場合があるインフルエンザ。
 
主な感染経路は、咳やくしゃみなどに含まれるウイルスが空気中に浮遊しているうちに感染してしまう「飛沫感染」です。
 
 
それらを日常の中で予防する有効な方法が厚生労働省のHPで紹介されていたのでご紹介します。
 
十分な休養と栄養をとる。
バランスのとれた栄養と休養を摂ることで、体力と抵抗力を高めることができるので
感染しにくくなります。
 
バランスの良い食事
睡眠
加湿器・暖房器具
適度な湿度・温度を保つようにする。
空気が乾燥しているとウイルスが長時間空気中に漂うので、加湿器などで適切な湿度(50~60%)を保ちましょう。
外出時はマスク
人ごみなどへの外出を避ける。
流行時に、高齢者の方、妊婦、体調の悪い方など免疫力が弱い方は、人混みなどの外出を控えましょう。
外出して人混みに入る時は、マスク(不織布製マスク)を着用するとある程度、飛沫感染等を防ぐことができます。
 
手洗い・うがい
外出後は手洗いとうがいをしましょう。
流水・石鹸でしっかり丁寧に手洗いすることで、接触して付いたウイルスを除去します。
うがいは口内を洗浄し、のどの乾燥を防ぎます
うがいと言えば、水だけのうがい、薬を入れてのうがい等がありますが、
私は「のど梅酢」を使ってうがいをしています。
梅酢とは、梅干を作るときに染み出てくる「梅干のよいもの」が溶け込んだ液体のこと。
原料は全て食べられるもので作られているのでお子様にも安心して使えます。
まだ、寒さも続きますので、手洗い・うがい等の予防に心がけましょう(^^)/
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る