本文へ移動

スタッフブログ

脂質を摂取して関節痛を抑えよう!

2019-04-09
脂質を摂取して関節痛を抑えましょう!
 
きらきら<不飽和脂肪酸>
 
不飽和脂肪酸は、中性脂肪を構成する
脂肪酸の一種です。魚介類に含まれる
EPA・DHA、植物油に多く含まれる
α-リノレン酸やオメガ3(必須脂肪酸)
などがあります。
 
 
関節痛は自然な老化現象の一つとされ
ています。また、栄養不足によっても
炎症の症状が起こるといわれています。
不飽和脂肪酸には抗炎症効果があるので
関節の痛みを緩和したり、炎症の改善に
役立ちます。
 
オススメ(青) おすすめ健康食材
 
悪玉コレステロールだけを減らすことが
できるオレイン酸が豊富。
 
     2(星)いわしの油漬け
  不飽和脂肪酸のEPA・DHAを含みコレステ
      ロールを下げて、血液もサラサラにして
     くれます。
 
     3(星)くるみ
      良質なたんぱく質や脂質、ビタミン、ミネ
     ラルなども豊富で老化予防に効果があり
     ます。ただし食べ過ぎにご注意を!
 
     4(星)アマニ油
     豊富に含まれるa-リノレン酸は加齢に
   伴う身体機能の低下を抑制します。
     細胞が活性化することで体の若返りが
   期待できます。
  
 
   
 
 

 
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る