本文へ移動

スタッフブログ

新元号 令和

2019-04-01
 
4月1日 菅義偉官房長官より 
新しい元号が発表されました。
 
 
新元号「令和(れいわ)」
 
 
その後、安倍晋三首相により
「令和」についての説明がなされました。
 
 
込められた意味は
「人々が美しく心を寄せ合う中で 文化が生まれ育つ」
 
 
さらに「令和」の典拠は
万葉集で、歌の序文から2文字をとったことを説明され
 
 
元号の典拠が
中国の漢籍ではなく、初めて日本の「国書」になったと述べられました。
 
 
万葉集は
「我が国の豊かな国民文化と、長い伝統を象徴する国書」
 
 
典拠となった梅花の歌の序文は
『初春の令月にして、気淑(よ)く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす』
 
 
「令」には
「おきて」「命令」のほか「よい」などの意味があり
 
「和」には
「調和」や「平和」などの意味があります
 
 
新元号に込められた想い
「一人ひとりの日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたい」
「希望に満ち溢れた新しい時代を、国民の皆様と共に切り拓いていく」
 
 
子供や孫の時代に
希望に満ち溢れた日本を残してあげたい。
 
 
私たち大人の責任でもあります。
新しい時代がすばらしいものとなりますように心から願いますきらきら
 
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る