本文へ移動

スタッフブログ

熱中症に気をつけよう!

2019-05-24
5月下旬ですが、各地で最高気温30度を超える真夏日が続いています。
この暑さで気を付けなくてはいけないのが「熱中症
代表的な初期症状として、頭痛・吐き気・立ちくらみ・虚脱感・筋肉痛・大量の発汗・高体温・けいれんなどがあります。
熱中症と思うような症状があったら、迷わず直ぐに応急処置を行い、医療機関へ行きましょう。
応急処置の3つのポイント
 
1 涼しい場所へ移動。
風通しの良い日陰、クーラーの効いた涼しい室内や車内などに移動し安静にしましょう。
 
 
2 体を冷やし体温をさげましょう。
衣服・ベルト・ネクタイ・下着等をゆるめて熱を放出させましょう。
氷枕・保冷剤等で首筋・脇の下・足の付け根などを当てて太い血管を冷やします。
 
ポイント
氷枕や保冷剤が無くても、皮膚に水をかけ、扇子やうちわなどで扇いで体を冷やすことも出来ます。
 
 
3 塩分・水分の補給をしよう。
意識があれば、汗で失われた電解質も補えるスポーツドリンクや経口補水液を飲ませましょう。
 
注意!
吐き気・意識がない・刺激に対する反応がおかしい症状がある時は、水分を摂ると気道に入ったりする場合があるので、無理やり飲ませずに医療機関で点滴等の処置をしてもらいましょう。
熱中症にならないための3つの対策
 
1 暑さに負けない体力づくり。
こまめにスポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料を摂ることで、水分の吸収がスムーズにできるだけではなく、汗で失われた塩分の補給にもつながります。
バランスの良い食事や睡眠環境を整え良質の睡眠をとり、体調管理をすることで熱中症にかかりにくくなります。
 
 
2 暑さに対する工夫をしよう。
麻や綿など通気性のよい衣服や、吸水性・速乾性の素材の下着を選んで暑さを調整。
気温や湿度を気にして、室内の気温を適度に下げましょう。
室外は、帽子や日傘をさして直射日光をさけましょう。
冷却グッズを利用し、血管の太い首元などを冷やしましょう。
 
 
3 熱中症の危険から守るアクションをしよう。
出かけるときは必ず水分補給ができるよう飲み物を持ち歩く
珈琲は水分補給になりません
テレビやネットなどで公開されている熱中症指数で危険度を気にしましょう。
室外での活動では、こまめに休憩をとり、無理をしないようにしましょう。
塩分や水分補給のおススメはこれ!
電解質パウダー
電解質パウダー
1本(10g)のパウダーを500mlの水に溶かすだけ!
スポーツドリンクのような甘さはないですが、効率的な水分補給ができます。
有機玄米甘酒
有機玄米甘酒
甘酒は飲む点滴といわれるほど栄養が豊富。米糀からつくられる甘酒はノンアルコールで砂糖を一切使っていません。小さなお子様も安心して飲んでいただけます。
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る