スタッフブログ

しそ漬けをしましょう

2017-07-06
赤しその葉は
茎ごときれいに洗い 茎つきのまま2~3本ずつ束ねて
さかさにつるして半日くらい陰干しをします。
 
 
※シソに水けが残っていると
カビの原因になるので、完全に水けを取り除いてください。
 
 
シソが十分に乾いたら
葉をちぎってボウルに入れ、塩少々をふり入れててなじませ しんなりさせます。
軽くもんで指の間からあくがにじみ出るくらいになったら、そのあくは捨てます。
 
 
さらに塩をふり入れしっかりもみます。
このときに出た汁は捨てず塩漬けの梅の容器に入れ、これを4~5回繰り返します。
 
 
十分もみ出したら
最後はシソの葉を梅の実の上に広げて かぶせます。
 
 
※塩漬けに使用したガーゼ、落しぶた、重石は取り除いてください。
 
 
紙で覆いをして 土用の入りの日まで冷暗所で保存します。

 
シソ・ちりめん・アントシアニン
赤シソは、葉先のちぢんだ両面紫色のちりめんジソを使いましょう。
梅・おにぎり・風味
少量の塩でよくもみ、あくを出します。
梅干・シソ漬け
梅の実の上に広げるようにして シソをかぶせます。
梅干・シソ漬け
ガーゼで シソをきれいに覆います。
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003