本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

話題のマクロファージ!

2017-08-02
注目
昨日、TV番組で免疫細胞マクロファージを特集していましたsmiley
 
梅研究会では
2001年から三重大学 医学部 伊藤 均先生と一緒に
梅肉エキスのマクロファージに対する作用についての研究が行われており
梅肉エキスがマクロファージを活性化する事が証明されています。
 
ホームページ内『 梅肉エキス18大効用 でご覧くださいsmiley
青梅
梅肉エキス

土用干し 雨に当たってしまったら・・

2017-07-26
梅干 土用 土用干し
日中2~4時間くらいしっかり日に当ててください。
Q: 日干しや夜干しの途中に雨に当たってしまいました。
どうすればいいでしょうか?
 
A: 少し当たった程度なら
そのまま乾かし晴れてから、日に当てて乾かすと良いでしょう。
 
かなり濡れてしまった場合は
しっかり水気をふき取り、古い梅酢か焼酎をふりかけて ざるに広げたまま室内に入れて、翌日 日に当てて干しましょう。
 

明日 7月25日は「土用の丑の日」

2017-07-24
梅雨も明け いよいよ夏本番です
そろそろ本格的に熱中症対策をしてくださいね
 
 
夏といえば
「うなぎ」に「梅干」\(^^)/
 
明日 7月25日は土用の丑の日です
 
 
昔から「食べ合わせが悪い」といわれているこの2つの食材 実は根拠のない迷信だったのです。
 
 
いろいろな説がありますが
梅干は胃酸を分泌させ口の中をスッキリさせます。
高価なうなぎをついつい食べ過ぎてしまうため
戒めのために、生まれた言い伝えではないでしょうか。

迷信とは食べ物を大切に考えた昔の人の知恵が詰まっているのでしょう(^^)

私たちスタッフも食欲のない時には
こちらを食べています。
 
本格 絶品 うなぎ茶漬け!
果肉柔らか南高梅 
 
次回の土用の丑の日は、8月6日(日)ですsmiley
 
ご飯 鰻茶漬け
ご飯と鰻茶漬けを用意して
鰻 & 梅干
ご飯に鰻の具&お茶漬けの素(わさび薬味入り)をセット。もちろん梅干も忘れずに!!
鰻茶漬け
熱いお湯をかけるだけ!本格 うなぎ茶漬けの出来上がりです。

土用干しをしましょう

2017-07-20
梅干・おにぎり・すっぱい
美味しい梅干に仕上がります。
土用干しの利点
 
 保存性が増します。
土用干しは、7月下旬の土用のころに行います。
このころが太陽の日ざしがもっとも強く、天候も安定しているからです。
昔から ふとんや衣類なども土用干しをほどこして 細菌やカビの繁殖をおさえる習慣があるように、強い太陽熱は自然の殺菌装置なのです。
 
 
梅干も長く保存するために土用干しをして、太陽熱にさらすことをおすすめします。
 
 
 風味が増す
もう一つの効果は、風味が増すこと。
太陽熱にさらすことにより塩のとがりがとれ、味にまろやかさが加わります。また、皮がやわらかくなり、果肉の軟化も進んで口当たりがやわらかくなります。
 
 
この場合、ただ太陽熱にさらすだけでなく、夜露に当てることも大切。
強い太陽熱にさらすと梅の実の表面や果肉中に塩の結晶ができてかたくなりますが、夜露に当てることによって結晶が溶かされ、果汁が実の表面に出て皮がやわらかくなるのです。3日3晩この作業を繰り返すことで、ほどよい口当たりの梅干しに仕上がります。
 
 
 鮮やかな色に仕上げる
梅干にシソを加えることで、シソに含まれている色素:アントシアンと梅の酸が作用しあい 赤く発色するわけですが、この赤色は太陽に当てたり梅酢に戻したりを繰り返すことで、いっそう鮮やかになります。
 
 
 さあ土用干しをしましょう
 
はじめの3日間は、梅を容器から出して昼間だけ干し、夜は梅酢に戻します。
 
※1粒1粒を離して、平らなざるやすのこに広げて干します。
 
次の3日間は、夜、梅の実を梅酢から出して夜露に当て昼間は梅酢に漬けておきます。これで3日3晩の土用干しになります。
 
 
※干す場所がない場合は、容器ごと日に当てるだけでも効果はあります。
 
 
※干し上がったら、梅干し、シソ、梅酢を別々の容器に入れて保存します。
シソは梅酢を絞ってざるに広げて干し、カラカラに乾燥させてからすり鉢でするかミキサーでこまかくすればおいしいゆかり(シソふりかけ)になります。
 
 

しそ漬けをしましょう

2017-07-06
赤しその葉は
茎ごときれいに洗い 茎つきのまま2~3本ずつ束ねて
さかさにつるして半日くらい陰干しをします。
 
 
※シソに水けが残っていると
カビの原因になるので、完全に水けを取り除いてください。
 
 
シソが十分に乾いたら
葉をちぎってボウルに入れ、塩少々をふり入れててなじませ しんなりさせます。
軽くもんで指の間からあくがにじみ出るくらいになったら、そのあくは捨てます。
 
 
さらに塩をふり入れしっかりもみます。
このときに出た汁は捨てず塩漬けの梅の容器に入れ、これを4~5回繰り返します。
 
 
十分もみ出したら
最後はシソの葉を梅の実の上に広げて かぶせます。
 
 
※塩漬けに使用したガーゼ、落しぶた、重石は取り除いてください。
 
 
紙で覆いをして 土用の入りの日まで冷暗所で保存します。

 
シソ・ちりめん・アントシアニン
赤シソは、葉先のちぢんだ両面紫色のちりめんジソを使いましょう。
梅・おにぎり・風味
少量の塩でよくもみ、あくを出します。
梅干・シソ漬け
梅の実の上に広げるようにして シソをかぶせます。
梅干・シソ漬け
ガーゼで シソをきれいに覆います。
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る