本文へ移動

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

1月7日は七草の日です。

2018-01-06
七草がゆ
毎年1月7日は、春の七草を入れた七草粥を食べて無病息災を願う日ですsmiley
 
古代中国では、
元日を「鶏の日」
2日を「狗の日」
3日を「猪の日」
4日を「羊の日」
5日を「牛の日」
6日を「馬の日」と定め、
その日はその動物を殺めてはいけないようにしていたそうです。
 
そして7日を「人の日(人日(ジンジツ)の日)」として、
邪気を祓う(無病息災)ために7種類の野菜を入れた汁物を食べる「七種菜羹」という習慣がありました。
 
日本にも、古来から「若菜摘み」という春の野に芽を出した若菜を摘む習慣がありました。
平安時代に「七種菜羹」が伝わり、日本古来の習慣と合わさって「七草粥」を1月7日(人日の日)に食べるようになったのが始まりと云われています。
 
春の七草は、
芹(セリ)
 競り勝つ。
薺(ナズナ)
 ぺんぺん草とも言われ、撫でて汚れをはらうという意味。
御形(ゴギョウ)
 ハハコグサとも言われ、仏様の体という意味。
繁縷(ハコベ/ハコベラ)
 繁栄が広がるという意味。
仏の座(ホトケノザ)
 田平子(タビラコ)と言われている植物で、仏様が座禅を組んでいるような花の形から呼ばれる。
すずな
 蕪のことで、神様を呼ぶ鈴を見立てた。
すずしろ
 大根のことで、汚れのない清白を表す。
という縁起の良い語呂合わせの呼び名がついています。
 
作者は不明ですが、
せり なずな
ごぎょう はこべら
ほとけのざ
すずな すずしろ
これぞ七草
という句が古くから詠まれているほど。(私は、この句で春の七草を覚えました。)
 
七草粥の種類は地域によって異なりますが、あっさりと仕上げた粥は
お正月の食べ疲れ気味の胃を休める代表食と言えます。
家族みんなで無病息災を願いながら七草粥を味わってみるのも良いですねsmiley

 

謹んで新年のお喜びを申し上げます。

2018-01-01
皆様、健やかに新春をお迎えのことと存じます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
 
お正月と言えば、おせちです。
 
おせちの由来を知っていますか?
 
むかし、季節の変わり目の日を「節日(せちにち)」といい、お祝いが行われていました。
そのときの自然の恵みや収穫に感謝して供えたのを「節供(せちく)」といい、元日の善、正月一五日の粥、端午の節句などがあります。
やがて、節供としての料理を「おせち」と言うようになり、節の日に作る特別な料理の意味から、正月のご馳走に限定されるようになったそうです。
 
おせちの料理にもそれぞれ意味を持っています。その中のいくつかをご紹介したいと思います。
 
黒豆:マメに勤勉に働けるようにと邪気払いの意味があります。
数の子:卵の数が多いことから子孫繁栄を願う縁起物です。
きんとん:黄金に例えて金運を呼ぶ縁起物です。
梅花にんじん:梅は、花が咲くと実を結ぶので縁起がよく、人参の赤色は寿を表します。
 
 
 
関西地方では、お正月に無病息災を願って大福茶を飲みます。
 
大福茶とは、梅干や結び昆布などが入ったお茶のことです。
 
由来は諸説あるようですが、
その昔、疫病が流行したとき、一人の僧が、梅干しが入ったお茶を病の人々に振る舞い、人々の苦しみを救いました。
その徳をあやかろうと、天皇が年初めに飲むようになったことが、年賀の行事として一般に広まったと言われています。
 
酸っぱい梅干と結び昆布を湯呑に入れて煎茶を注ぐだけのシンプルなお茶ですが、どこかホッと体が温まる感じがします。
 
おせちと大福茶を飲んで、健康に過ごしたいですね。
 
 
では、
健康で、幸の多い、笑顔の絶えない一年になりますよう
スタッフ一同心よりお祈りしておりますsmiley
おせち おせち料理
おせち おせち料理
梅干 梅干し
梅干 梅干し

どんな一年でしたか?

2017-12-26
今年もいよいよ押し詰まってまいりました。
どんな2017年でしたでしょうか?
 
 
私は、年初めに十二指腸に見つかった数個の
小さな病変をレーザーで切り取るための入院
から始まり、内科・整骨院・耳鼻科・歯科
整形外科・脳神経外科と病院通いが続きました。
 
 
そして今月には、人生初の骨折 
足を挫いたので、念のため診てもらうぐらいの
気持ちだったのに、レントゲンを撮ってみると
「折れています」と先生もびっくりでした。
 
 
痛くないんですよ! 歩けてますよ!と受け入れ
られず、この年末をギプス生活かと思うと
 
 
今は、二次災害を起こさないよう注意しています。
 
 
カルシウムの吸収率を30%も高める梅肉エキスを
長年続けていたから、痛みも少なくこれくらい
ですんで本当によかったです。
 
とにかく病院から縁が切れない一年でした。
 
 
あわただしい年の暮れ、どうぞお健やかに
お過ごしください。
皆様、良いお年をお迎えくださいますように!
 

梅肉エキスの美味しい飲み方発見!

2017-12-04
オススメ
私たちがよく相談を受けるのが
梅肉エキスの飲み方についてです。
 
何か美味しく飲める方法はないでしょうか?
酸っぱいのが苦手で・・・
 
そこで、手軽に美味しく毎日飲んでいただけるために
スタッフが試してみました。
 
手軽すぎて、美味しすぎて
はまってしまいました。
是非お試しくださいませsmiley
 
梅肉エキスは、これからの季節 体調管理にぴったりのサプリメントです。
 
冷え性改善、インフルエンザ予防、胃腸の活性化などなど
毎日飲んで元気に過ごしましょう
梅肉エキスと黒糖
梅肉エキスと黒砂糖を準備します。
黒糖
梅肉エキスにお好みで黒砂糖を加えます。
梅肉エキス 
上の方だけ 適当にかき混ぜて、適量をお召し上がりください。

みなべ・田辺の梅システム 世界農業遺産 の催事に出店しました!

2017-11-22
11月19日に東京のイイノホールにて『みなべ・田辺の梅システム 世界農業遺産』のフォーラムが
あり、同時開催された「うめえ!うめまつり」会場で梅肉エキス・ジュレ・等の試食や商品の
販売をしてきました!
当日は、肌寒い中500人を超えるお客様が来場され、2015年12月に世界農業遺産に認定後の
取り組みが専門の講師をはじめ、国際自然保護連合の親善大使でもあるイルカさんによって紹介されました。
梅研究会のスタッフは、梅肉エキスの良さを一人でも多くの方に直接お伝えできればと頑張ってきましたよ!!
 
これからも機会があれば、電話だけでなく外へ飛び出してお客様に直接お会いできればと思っていますsmiley
 
うめまつり入口
私たちのブース
商品説明中
お薦め中
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る