本文へ移動

梅干(しお漬け)の作り方

実際につくってみましょう!

1. 梅の実は洗って、水につけてアクを抜きます。
 
 傷などがある場合は、水に漬けすぎるとカビの原因に
 なります。気を付けましょう。
2. 竹串でヘタをとり、ヘタの部分を下にしてザルにあげ
  乾いたふきんで十分に水気をふき取ります。
 (ヘタの部分は特に念入りに)
3. ボウルに梅を少しずつ入れて、
  霧吹きに入れた梅酢を吹きかけます。
4. その上から から煎りした天日塩を梅の実にまんべんなく
 まぶします。
5. よく乾かした陶製の容器に、4の梅の実を平らになるよう
 に並べ これを何度か繰り返します。 
 最後にボウルに残った天日塩もすべて入れます。
6. 洗ってよく乾かした雌松を置き、梅の実が外気に
 ふれないように梅酢か焼酎で湿らせたガーゼを
 かぶせます。
 
 (松葉を入れると梅の酸味に松の渋味が加わり
  梅干の味に丸みが出ます。
  雌松はやわらかいので成分が出やすくなります)
7. 落としぶたをして重しをのせ、和紙か新聞紙などで
 全体を覆い、冷暗所で保存します。
8. 3~4日後にのぞいて、梅酢があがっていなければ重しを
 増やし、呼び水として古い梅酢を盃1~2杯かけます。
 梅の実が完全に梅酢につかっていれば、カビが生える
 心配はありません。
 
 土用の頃まで待ち、土用干しをしたら出来上がりです。
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る