本文へ移動

おすすめ梅料理

ごはんもの

いわしの蒲焼き玄米丼 梅風味

材料(4人分)

いわし(小)16尾
玄米ご飯茶わん4杯分
しし唐辛子8本
梅干2個
青ねぎ1本
木の芽4枚
粉山椒少々
サラダ油大さじ1
小麦粉適量
【つけ汁】
酒大さじ4
みりん1/2カップ
黒砂糖大さじ3
醤油1/3カップ
しょうがの絞り汁小さじ2

作り方

①いわしは手開きにし、つけ汁につけておく。
②しし唐辛子はへたを切り、縦に少し切り込みを入れ、フライパンで素焼きにして、つけ汁につけ込む。
③いわしの汁気をしっかりふきとり、小麦粉をまぶす。余分な粉はしっかりはたき落とす。梅干は種をとりのぞき、粗く刻んでおく。
④フライパンを熱し、サラダ油をなじませる。いわしは身から、フライパンをゆすりながら中火で色よく焼く。
⑤いわしをとり出してフライパンを洗い、②のつけ汁としし唐辛子、③の梅干を加えて煮詰める。つけ汁が半量になったら、いわしをもどして汁をからめながら焼く。
⑥器に玄米ご飯を盛り、いわしをのせる。しし唐辛子を添え、つけ汁をかけ、刻んだ青ねぎを散らす。粉山椒をふり、木の芽を添える。

料理指導:藤本喜寛 写真:宮本進
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る