本文へ移動

梅肉エキスの作り方

松本紘斉理事長監修「梅肉エキスの作り方」放送中です。

実際につくってみましょう!

1. 青梅は洗って、水気をふきとります
 (水気は少々残っていてもOK)。
2. 竹串でヘタをとります。
3. 青梅をおろし器ですりおろします。
梅は有機酸が多く、金属を腐食させます。
梅肉エキスには、陶製やガラス製の道具や容器を使用しましょう。
4. もめん袋を2~3枚重ねて、すりおろした青梅を入れ、汁をしぼり出します。
【注意】
絞りすぎると梅の繊維まで出てしまうため、さらっとしたエキスに仕上がりません。
5. しぼった果汁をゆきひらに入れて中火にかけ、煮立ったら弱火にし、かき混ぜながら煮詰めます。
6. しばらくするとアクが鍋の内側につきます。ぬれたしゃもじで、ていねいにすくいとります。
アクをていねいにとると、苦味や渋味がとれ、澄んだ黒色の梅肉エキスができます。
7. さらにかき混ぜながら煮詰め、泡がブクブク立ってきたところで火を止め、粗熱をとります。
少しやわらかすぎるように感じても、冷める間に水分や空気が抜けて、ちょうどよいかたさになります。
8. 糸を引く程度のかたさになったら、温かいうちに容器に移し、自然に冷まします。
9. 梅肉エキスの完成です。
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る