本文へ移動

梅干(しそ漬け)の作り方

実際につくってみましょう!

1. 赤シソの葉は、茎ごときれいに水洗いをして
 茎付きのまま2~3本ずつ束ねて逆さにつるし
 半日くらい陰干しをします。
 
※ シソに水気が残っているとカビの原因になります。
 完全に水気を取り除いてください。
 
 シソが十分に乾いたら、葉だけをちぎってボウルに
 入れ、天日塩を少量をふり入れてなじませ、しんなり
 させます。
2. 軽くもんで指の間から紫色の汁(アク)がにじみ出て
 きたら、1回目のアク汁を捨てます。
3. さらに天日塩をふり入れて力を入れてもみ、
 汁をしっかりしぼり出します。
4. 3で出た汁は塩漬けした梅の容器に入れます。
 
3と4の手順を4~5回繰り返し、十分に汁をもみ出します。
5. 最後は赤じその葉を梅の実の上に広げます。
(落としぶた、重し、ガーゼは取り除いてください)
 
 紙で覆いをして、
 土用の入りの日まで冷暗所で保存します。
6. 土用干しをします。
 土用のころ、1粒ずつ離してスノコやザルに広げて
 干します。 
 
 1日1回 裏返しをします。
【3日3晩の土用干しの方法

1. 晴れた日に3日間、梅の実を容器からとり出して、ザルやスノコに広げて3~4時間
 天日に干し、夜は梅酢に戻します(3日間連続でなくてもよいので、晴れた日に行います)。

2. 次の3日間は、夜に梅の実を容器からとり出して夜露にあて、朝、梅酢に戻します。
 これで3日(陽干し)と3晩(夜干し)の土用干しになります。

3. 3日と3晩、合計6日の土用干しをすることで、やわらかくてまろやかな、
 すっぱい梅干に仕上がります。
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る