本文へ移動

痛風にご用心

激しい痛みをともなう痛風

年末年始は、お酒を飲んだり、ごちそうを食べたりする機会が多くなります。こんなとき、
気をつけたいのが痛風です。痛風は、ある日突然、足の親指の付け根などの関節が激痛に襲われる病気で、その痛みは「ペンチで挟んで締め上げられるような痛み」「傷口をキリでえぐられるような痛み」と表現されるほどです。

痛風は尿酸が溜まって起こる

痛風は、体内に尿酸が過剰に溜まった状態が続くことで起こります。体内に尿酸が過剰に溜まると、尿酸が結晶化して、関節やその周辺に沈着します。沈着した尿酸の結晶は体内で異物とみなされ、白血球などの免疫細胞の攻撃を受けます。免疫細胞はさまざまな化学物質を放出して結晶化した尿酸を排除しようとするため、攻撃を受けた部分は炎症を起こし、赤みや腫れ、激しい痛みをともなう痛風発作が起こります。

尿酸の原料はプリン体

痛風の発症には食生活が大きく影響しているといわれますが、これは痛風の原因である尿酸がプリン体からつくられることが大きな理由です。プリン体とは細胞中の「核酸」と呼ばれる部分を構成している成分のひとつで、多かれ少なかれ食べ物にはプリン体が含まれています。とくにプリン体が多く含まれている食べ物を、「高プリン食」といいます。

痛風を予防・改善する 

高プリン食を避ける

尿酸の原料となるプリン体は、細胞数が多いものほどその数が多くなります。食品では、精巣や卵巣、内臓、また乾燥によって細胞が凝縮された干物などです。これらの高プリン食は、できるだけ避けるようにしましょう。

食生活を改善する

高脂肪・高タンパク・高カロリーである欧米型の食生活は、痛風を招きます。これは、欧米型の食生活が、肥満になりやすいからです。肥満になると脂肪細胞から分泌されるホルモンの働きによって、糖質や脂質の代謝に異常が起こります。これらの代謝がうまく行われなくなると、尿酸の排泄が低下して体内に尿酸が過剰に溜まりやすくなります。実際に痛風患者のうち60%の人は肥満であることがわかっており、肥満度が高いほど尿酸値が高くなることも証明されています。

アルコールを控える

ビールはプリン体の多い飲み物です。続いて、日本酒、ワインなど醸造酒がプリン体が多くなります。また、アルコールそのものに尿酸を増やす働きがあるので、飲みすぎに注意しましょう。

適度な有酸素運動をする

運動は肥満を解消し、痛風を予防・改善してくれます。ただし、激しい運動は逆効果で、尿酸値を上昇させてしまうことがわかっているので、軽めの有酸素運動を行うようにしましょう。おすすめの運動は、速めのウォーキングやゴルフ、水泳などです。

梅肉エキスで尿酸値を抑制

動物実験で、梅肉エキスには、尿酸値を抑える働きのあることがわかっています。尿酸値の抑制のために、毎日梅肉エキスを飲む習慣をつけましょう。
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る