本文へ移動

9月はがん征圧月間

9月は「がん征圧月間」です。厚生労働省の「人口動態統計」によりますと、2009年の日本人のがん死亡者数は34万3954人でした。1970年にはがんの死亡者数は約11万人でしたから、わずか40年間で3倍以上に増えていることになります。国立がんセンターの予測によりますと、10年後には、がんの死亡者数は約45万人にも達するといわれています。

胃がん・大腸がんと食生活

がんの中でも、食生活と強いつながりがあるのが、胃がんと大腸がんです。胃と大腸はどちらも食べ物を消化する器官だけに、日頃の食生活の良し悪しががんの発症に深く関わっています。とくに近年では、大腸がんの患者数が増えています。これは、食生活の欧米化が大きな原因と考えられます。戦前の日本人の食事は、米を主食に野菜や海藻を中心とした食物繊維の豊富な和食でしたが、戦後は肉や卵、乳製品などの動物性脂肪をたくさん食べる欧米型の食生活へと変化しました。動物性脂肪をとると、腸内には脂肪を消化吸収するのに必要な胆汁酸という物質が分泌されます。胆汁酸は腸内細菌の働きによって、二次胆汁酸という物質に変換されますが、この二次胆汁酸に大腸がんの発生をうながす働きのあることがわかっています。つまり、動物性脂肪をたくさんとると、それだけ腸内に二次胆汁酸が増えることになり、大腸がんのリスクが高まるわけです。

がんを予防する

野菜をたくさん食べる

野菜に含まれるビタミンC、ビタミンE、カロテンなどには、胃がん・大腸がんの発症を抑える効果があります。また、野菜に豊富に含まれている食物繊維は、胃で消化されずに腸に運ばれ、水を含んでふくらみ、便を増やしてくれるため、腸壁を刺激して排便をうながします。その結果、発がん物質が便に混ざってどんどん体の外に排出されるようになり、がんになるリスクを減らすことができます。

お酒は飲みすぎない

アルコールの飲みすぎは、胃がん・大腸がんのリスクを高めます。アルコール自体に発がん性はありませんが、摂取するアルコールの量が多すぎると、胃や腸の粘膜を傷つけてがんを引き起こす可能性が高まります。

熱い料理や飲み物に注意

熱い料理や飲み物は、胃の粘膜を荒らし、胃がんの危険性を高めるといわれています。熱いものは冷ましてから食べたり、飲んだりするようにしましょう。

たばこは控える

タバコの煙には、多くの有害物質が含まれており、喫煙は肺がんだけでなく、胃がん・大腸がんの危険性を高めます。禁煙は最大のがん予防といわれています。喫煙者は、禁煙に挑戦しましょう。

梅肉エキスを飲む

梅肉エキスにはすぐれた整腸作用があり、腸のぜん動運動を活発にしてくれますので、大腸がんの原因になる便秘を解消できます。さらに梅肉エキスには、さまざまな発がん物質を抑える働きがあります。タバコの煙に含まれる「ベンツピレン」は98.2%、ナッツ類にはえるカビで、最強の発がん物質といわれる「アフラトキシン」は98.9%、殺菌剤などに含まれる「AF-2」(現在は使用禁止)は95.3%という高い抑制効果を示しました。また、がん細胞のアポトーシス(細胞の自殺)を誘導し、正常細胞ががん細胞に突然変異するのを抑える効果のあることも、実験で確かめられています。すぐれた免疫賦活食品である梅肉エキス・古梅霊芝・姫まつたけをあわせてとることで、免疫細胞マクロファージの貪食活性が8倍に増え、免疫力を大幅にアップさせて、がん細胞の増殖を抑えることが動物実験で証明されています。胃がん・大腸がんの予防に梅肉エキス・古梅霊芝・姫まつたけをお役立てください。
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る