本文へ移動

熱中症にご用心

暑くなるこれからの季節は熱中症に用心が必要です。日中、外に出られる方は、とくに気を
つけてください。
熱中症といいますのは、「熱に中(あた)る病気」という意味で、高温多湿の暑いところで
エネルギーをたくさん使う運動や、労働をしているときに、体の中に熱がこもることによって起こる病気です。直射日光が原因の場合は日射病ともいいます。
熱中症になるいちばん大きな原因は、夏場に大量にかく汗です。ふつう1日にかく汗の量は、だいたい350mlほどですが、夏の場合、部屋の中でじっとしていても室温29℃で1時間に125ml、外を歩いた場合は1時間に500mlもの汗をかきます。炎天下で運動した場合には、
1時間で2リットルもの汗をかくといわれています。
大量の汗をかきますと、汗といっしょに体の中の水分、ナトリウム、カルシウム、カリウムなどのミネラルが失われて、体温を調節する機能がうまく働かなくなります。さらにその状態で 、水分やミネラルをじゅうぶんに補給しないでいますと、熱を発散できないまま体内に熱が
どんどんたまって、熱中症になってしまいます。
熱中症の症状の特徴としましては、軽い場合は、手足や腹筋などに痛みをともなう痙攣
(けいれん)です。もう少し症状が進みますと、めまい、頭痛、失神、吐き気、嘔吐などが
起きます。さらに症状が進みますと、体内の血液が固まって、脳、肺、肝臓、腎臓など
全身の臓器に障害が起きる多臓器不全に陥(おちい)り、意識不明になり、最悪の場合には
死に至ります。
「暑さで死ぬ」というのは、なかなか実感が湧(わ)きにくいですけれども、熱中症による
死亡者は毎年20人前後出ており、厚生労働省の調査によりますと、平成20年の夏には
17人の方が熱中症で亡くなっておられます。
熱中症を予防するのには、水分の補給がいちばん大切です。ただ、このときに覚えておいて
いただきたいのは、1度にたくさんの量を飲まないということです。暑いときは、胃の
消化機能が衰えていますから、1度にたくさんの水分をとりますと、胃に大きな負担がかかります。熱中症を予防するためには、水分を少しずつ、こまめにとるのが効果的です。
補給する水分として、今、話題の梅肉エキスにミネラル豊富な黒砂糖やはちみつを加えた
梅肉エキスドリンクがおすすめです。梅肉エキスには「胃腸のぜん動運動を活発にして
消化を助ける」「エネルギー代謝をよくして疲労を回復する」「血液の流れをよくする」と
いうように、いくつものすぐれた効用があります。
梅肉エキスで暑い夏を乗り切ってください!!
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る