本文へ移動

日焼けにご注意を

今年もいよいよ夏の行楽シーズンがやってきました!
夏休みには家族で海やプールに出かける予定の方もいらっしゃることでしょう。
しかし、ここで気をつけたいのが“日焼け”。
日焼けはシミやシワをつくったりと美容に悪いだけでなく、皮膚ガンを引き起こす原因にもなります。
日差しが強く日焼けしやすい夏場は、とくに念入りに日焼け対策を行いましょう。

日焼けの原因

日焼けの原因は、太陽の光に含まれている紫外線にあります。
紫外線を浴びることによって、肌からは黒褐色をしたメラニン色素がつくりだされます。メラニン色素が肌に増えていくと、肌の色がだんだんと褐色に変わって、日焼けした状態になります。
さらに、紫外線が肌に当たると、肌に弾力を与えているコラーゲンが破壊されたり、活性酸素が発生して皮膚の細胞を酸化させます。皮膚の細胞が酸化すれば、その細胞は本来の機能を十分に果たせなくなって、肌にトラブルが発生しやすくなります。

美容の大敵・紫外線

肌は日焼けして黒くなっても、肌の新陳代謝によって、やがて元通りの色に戻ります。
ところが、加齢によって肌の新陳代謝が衰えたり、大量の紫外線を浴び続けると、メラニン色素が肌に沈着して、シミの原因になります。
また、紫外線によってコラーゲンが破壊されることにより、肌の弾力性が低下して、シワができやすくなります。

日焼けは皮膚ガンのもと

紫外線による日焼けの害でもっともこわいのは、皮膚ガンを引き起こす危険性が高まることです。
ガンは遺伝子の異常によって起こるものですが、日焼けを繰り返すことで何度も皮膚がダメージを受ければ、やがて皮膚の細胞の遺伝子が傷つき、ガンを発症しやすくなります。近年は、オゾン層の破壊によって紫外線の量が増加しています。日本でも徐々に皮膚ガンの患者が増えており、とくに春から秋にかけては紫外線の量が増えるので注意が必要です。

外出時の6つの注意点

①つばの広い帽子をかぶったり、日傘を差して歩く
②肌の露出は少なくし、日が高いときには薄手のカーディガンをはおる
③首筋も日に焼けやすいので、襟のある服を着る
④服の色は濃い色のほうが紫外線を通しにくいので、黒色の服を着る
⑤サングラスは色の濃いものだとかえって瞳孔が開き、紫外線が目に入りやすくなるので、UVカット効果のある色の薄いものを選ぶ

⑥日焼け止めクリームを塗る
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る