本文へ移動

ヘルシーネット

第53回 熱中症予防には梅肉エキス

青梅でつくる梅肉エキスは、新鮮な青梅の絞り汁だけを煮詰めて濃縮させているため、梅干の十数倍の有用成分を持っていて、効果抜群です。
梅肉エキスは塩分をまったく含んでいないので、高血圧や心臓病などで塩分を制限されている方にも、安心してお召し上がりいただけます。
梅と健康、梅肉エキスでおなじみの、一般財団法人梅研究会の松本紘斉です。
皆さん、お元気になさっていますか。
梅と健康、梅肉エキスでおなじみの、一般財団法人梅研究会の松本紘斉です。
皆さん、お元気でいらっしゃいますか?
毎日、暑い日が続いていますね。
近ごろのニュースのなかでも、熱中症の話題をよく耳にします。
熱中症とは、気温や湿度が高い中で、体内の水分と塩分のバランスが崩れて、体温調節がうまく働かなくなることで、体がだるくなったりめまいなどの症状を起こします。
熱中症は、運動をしたり、炎天下のなかでなるものと思いがちですが、室内でも十分気をつけなければいけません。
熱中症の約3割は室内で発生していて重症患者の6割は室内で熱中症になっています。
また、お年寄りや、乳幼児・体調の悪い人などは体温調節の機能が低いため、特に注意する必要があります。
十分を水分に取ることを心がけて、暑さを我慢せずに、室内を過ごしやすい温度に保つようにしましょう。
熱中症対策として、とても優秀な食べ物が梅肉エキスです。
梅肉エキスは、青梅をすり下ろし、その絞り汁だけを煮詰めたもので、梅の有用成分が100%効率的に摂れる優れものです。
疲れを取る働きがあるクエン酸が豊富に含まれていてその量はレモンの10倍以上です。
この梅肉エキスを使った梅肉エキスジュースは、暑い夏におすすめの飲み物です。
作り方はとても簡単で、梅肉エキス1と黒砂糖8の割合で混ぜたものを、水で薄めると完成です。スッキリとした酸味と黒砂糖の優しい甘味が美味しい飲み物です。
このジュースの作る時の大切なポイントは、ミネラルの豊富な黒砂糖を使うことです。
汗をかくと、体から水分だけでなく、ミネラルも失われてしまいます。
ミネラルが豊富な黒砂糖を使うことで、水分とともに、体に必要なミネラルも摂取することができます。
梅肉エキスに含まれる豊富なクエン酸は、疲労回復だけでなく、強力な殺菌作用を持っています。
その殺菌能力を実験したところ、ごく薄い0.5%ほどの濃度の梅肉エキスで、大腸菌や病原性大腸菌Oー157などの食中毒菌の増殖を抑えられることがわかりました。
その他にも、梅肉エキスは、胃腸の働きを助けて、食べ物の消化吸収を良くしたり、便秘や下痢を改善してくれます。
梅肉エキスは、夏に心配な食中毒の予防や、夏バテによる食欲不振にも効果が期待できます。
また、夏を元気に過ごすためにも、毎日すっぱい梅干を食べることをおすすめします。
すっぱい梅干を食べると、汗で失われた塩分などのミネラルを補給することができますし、唾液が分泌されて食欲を促してくれます。
ご飯やそうめんなどに添えたり、お料理に使うと、とても美味しく頂けます。
だた注意していただきたいのは、天然塩を使って、昔ながらの製法で作られた本物のすっぱい梅干を食べるようにしてください。
汗で失ったミネラルを補給するには、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルを含んだ海水由来の天日塩を使って作られた、すっぱい梅干を食べることが大切です。
梅肉エキスやすっぱい梅干を食べて、暑い夏を元気に過ごしてください。
それではまた、お目にかかります。
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る