本文へ移動

活性酸素消去作用

梅肉エキスは老化や生活習慣病の 最大の原因である「活性酸素」を消去します

活性酸素は病気の90%に関係

活性酸素というのは、私たちが呼吸からとり入れている酸素の2%が体内で変質したものです。その名のとおり”活性化した酸素“のことで、酸素の1000倍もの酸化力があり、近くの物質に結合して、その物質を片っぱしから酸化させる力を持っています。

人間の体内には、つねにある一定量の活性酸素が存在しています。
本来、活性酸素はウイルスなどの侵入物を退治するという重要な働きをしていますが、増えすぎてしまうと、体をつくっている細胞を攻撃するようになり、細胞を構成しているタンパク質、脂質、遺伝子などを変質させます。その結果、体にはさまざまな障害が起こります。
たとえば、免疫をつかさどる細胞が活性酸素の攻撃を受ければ、免疫機能が低下して、感染症にかかりやすくなります。がん細胞を体内から除去する力も弱まります。
とくに深刻なのが、過酸化脂質による障害です。細胞膜に含まれている脂肪酸が活性酸素によって酸化されて過酸化脂質になると、細胞は酸化して、細胞の破壊が進みます。

活性酸素は、激しい運動、細菌やウイルス感染、喫煙、肥満、強いストレス、紫外線、排気ガス、大気汚染、食品添加物、ダイオキシン、電磁波などの悪環境にさらされることで増加します。現代人の生活環境は活性酸素を増やす要因に囲まれているといえます。
活性酸素は、老化、アトピー性皮膚炎、ぜん息、花粉症、脳卒中、心筋梗塞、白内障、がん、糖尿病、冷え性、神経痛など、病気の90%に関係しているといわれています

梅肉エキスの活性酸素消去力

体の中で、不必要な活性酸素を消去しているのがSOD(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)という抗酸化酵素です。この酵素は肝臓でつくられ、ある程度は活性酸素を消去します。しかし、SODをつくる能力には個人差があるうえ、40歳をすぎるとSODの生産能力は低下していきます。

また、活性酸素のなかでも最強の悪玉といわれる「ヒドロキシラジカル」については、体内にこれを消去する酵素が存在しないため、外からの力で退治するしか方法がありません。

三重大学医学部の伊藤均先生、三重大学生物資源学部の古市幸生先生、私・松本紘斉らが、梅肉エキスのヒドロキシラジカル消去作用を調べる実験を行いました。その結果、梅肉エキスは悪玉活性酸素・ヒドロキシラジカルを消去できることがわかりました。

また、梅肉エキスにはファイトケミカルのひとつクロロゲン酸が含まれています。
ファイトケミカルというのは、植物(野菜)が紫外線の毒性や害虫の害から、みずからの体を守るためにつくり出す物質のことをいいます。植物の色素、味(辛み、渋み、酸味)、香り、アクなどとして含まれており、その抗酸化力が”第7の栄養素“として注目されています。

老化の最大の敵にして多くの生活習慣病の元凶・「活性酸素」。それを消去するためには、毎日たっぷり野菜を摂取し、あわせて1日3gの梅肉エキスを召し上がっていただくことがおすすめです。
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る