本文へ移動

胃腸の活性化作用

梅肉エキスは、便秘にも下痢に対しても効果があります

梅肉エキスの「可逆性」

さまざまな胃腸障害に対して梅が有効であることは、古くからよく知られています。
梅にこのような効果があるのは、梅に含まれる有機酸によるものです。とくに梅肉エキスに豊富に含まれる有機酸には、胃液の分泌を正常にして、食べ物の消化吸収をよくする効果のあることが実験により確かめられています。

また、梅肉エキスのもつ「梅の可逆性」により、便秘と下痢の症状にも効果があることがわかっています。
 
便秘は腸のぜん動運動が弱くなり、食べ物の残りカスが腸内をうまく運ばれないで、水分だけがどんどん吸収され、便が硬くなって排泄されにくくなる症状です。
逆に下痢は、腸のぜん動運動が活発になりすぎて、食べ物の残りカスから水分がほとんど吸収されずに便が排泄されてしまう症状です。
 
梅肉エキスは、このように便秘と下痢というまったく正反対の症状に対しても、腸のぜん動運動をちょうどいい具合に活発にして、改善してくれます。
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る