本文へ移動

免疫細胞マクロファージの強化

梅肉エキスは免疫細胞マクロファージを活性化し、 病気になりにくい体をつくります

免疫力発揮の要となるのがマクロファージ

 
人間の体には、細菌やウイルスなどの病原体から体を守るための仕組み=免疫システムが備わっています。
免疫システムには、T細胞、B細胞、NK細胞、マクロファージなどの免疫細胞があり、これらの免疫細胞が協力して、病原体の侵入から体を守っています。

なかでも免疫システムの要といわれているのがマクロファージです。マクロファージは、絶えず血液の中をパトロールしており、体内に侵入してきた細菌やウイルス、有害な化学物質のほか、体内にできた老廃物やがん細胞などをパクパクと食べて排除します。その勢力範囲が非常に広いことから、「大食細胞」または「貪食細胞」とも呼ばれています。

さらにマクロファージは、病原体の侵入をほかの免疫細胞に伝える役割も担っています。梅肉エキスは、免疫システムの要であるマクロファージを2倍に活性化し、しかも元気にして病原体の増殖を抑えて発病を防ぐ効果のあることが、実験により確かめられています。
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る