本文へ移動

ガン予防効果

梅肉エキスのさまざまな作用がガンの発生を予防します

梅肉エキスの多彩なガン予防・改善効果

不治の病と恐れられたガンも、診断技術や治療法の進歩で、早期発見・早期治療をすれば助かる確率が高くなりました。

しかし、決定的な治療法はなく、「2010年にはガンが世界全体の死因トップになる」とWHOは2008年に発表しました。決定的な治療法がない以上、ガンは予防することが重要になります。

ガン予防に威力を発揮するのが梅肉エキスです。梅肉エキスは、タバコの煙に含まれるベンツピレン、地上最強の発ガン物質といわれるカビ毒・アフラトキシンの変異原性(正常な細胞をガン化させる性質)を高い確率で抑えます。

また、エンドヌクレアーゼと呼ばれる酵素に働きかけてガン細胞のアポトーシス(自殺)を誘導します。

さらに、免疫細胞の要・マクロファージを活性化して、ガン細胞の増殖を抑えます。白血病にも有効であることが実験で明らかになりました。抗ガン剤にも有効で、抗ガン剤の毒性を弱めて、副作用を軽くします。
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る