本文へ移動

鎮痛効果

梅肉エキスに含まれるベンジル-β-D-グルコピラノシドが、 痛みを和らげてくれます

ベンジル-β-D-グルコピラノシドはアスピリンと同程度の鎮痛効果

がんこな頭痛は大変つらいものですが、安易に薬に頼るのは好ましいことではありません。というのも、頭痛薬によく使われているアスピリンという鎮痛剤には、消化器障害、血液障害、肝機能障害などさまざまな副作用の心配があるからです。

梅肉エキスに含まれているベンジル-β-D-グルコピラノシドという成分には、アスピリンと同程度の鎮痛効果のあることが確認されています。

現代人の頭痛は、ストレスによって筋肉が緊張し、血行不良が原因で起きる緊張型頭痛が多いとされています。梅肉エキスに含まれるベンジル-β-D-グルコピラノシドやクロロゲン酸には抗ストレス作用のあることが確認されています。また、梅肉エキス特有の成分・ムメフラールは血流を改善します。

梅肉エキスは自然の食品ですから、長期間服用しても、副作用も習慣性の心配もまったくないことから、頭痛対策におすすめです。
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る