本文へ移動

痛風予防効果

梅肉エキスは痛風の原因となる尿酸の蓄積を防ぎます

血中尿酸値を最大で44.1%抑制

痛風とは、ある日突然、足の親指のつけ根やくるぶし、かかと、ひざ、手の指などの関節が、激しい痛みに襲われる病気です。その痛みは、「ペンチで挟んで締め上げられるような痛み」「傷口をキリでえぐられるような痛み」と表現されるほど強烈です。

痛風の発症には尿酸という物質が大きく関わっており、体内の尿酸が増えすぎると、尿酸が結晶化して尿酸ナトリウムとなり、関節やその周辺に沈着します。沈着した尿酸ナトリウムのかたまりは、体内で異物とみなされて、白血球などの免疫細胞の攻撃を受けます。免疫細胞はさまざまな化学物質を放出して尿酸ナトリウムを排除しようとするため、攻撃を受けた部分が炎症を起こし、赤みや腫れ、激しい痛みをともなう痛風発作が起こります。

痛風の予防には、体内に尿酸が過剰に蓄積されるのを防ぐことが大切です。
 
梅肉エキスは、血中尿酸値を最大で44.1%抑制することが、実験で確かめられています。
一般財団法人梅研究会
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町2丁目13-13
TEL.06-6385-8002
FAX.06-6385-8003

TOPへ戻る